03≪ 2015/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宜しければポチッと♪→FC2 Blog Ranking
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-04-28 (Tue) 20:16
以前からウサギのピーター(♀7歳)はあちこちに粗相をしてしまっていた。
最近頻繁にチビってしまうので、尿検査紙(ウリエースKC)で調べてみたら…潜血反応有り。(反応数値+++)
…と、これは4月上旬の話。。それからずぅ~っと潜血反応は一進一退で、治ってきたかなぁ~と思うとまた値が上がり、食も少し減ってきて糞が小さくなってしまい、粗相も治らないので病院でレントゲンを撮ってもらった。
「膀胱が肥大してますね。お腹の中の占有で、膀胱が大きくなってしまっているので胃のスペースが小さくなってしまって食が細くなってしまってるんでしょうね。膀胱が一杯になるとオーバーフロー分を粗相してしまうようです。」
と先生。
長期間膨らみきった風船の空気が抜けても、復元力が落ちてしまってなかなか元に戻らないのと同様に、ピーターの膀胱も一杯になるまで(尿意無く)オシッコを溜め続けてしまうらしい。。
圧迫排尿をしてもらうと、かなりの量を溜めていて最後の方はカルシウムを多量に含んだ尿を排出。よく見ると小さい粒状のカルシウム結晶もチラホラ。。これも膀胱炎の一因ではないかと先生。
圧迫排尿のやり方を教わって、抗菌剤のお薬と食欲増進にぺリアクチンシロップをもらってきて…既に3週間。
黄色い尿の色だけでは潜血反応が不明なので、尿検査紙で見てみると 相変わらず状況は一進一退。
餌は食べてくれてるから少し良しとするけど、様子見ながら長く付き合っていかなければいけないのかなぁ。

仲良しウサギ

スポンサーサイト
宜しければポチッと♪→FC2 Blog Ranking
Theme : うさぎ * Genre : ペット * Category : 我が家のペット
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。