05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2008-01-09 (Wed)
福岡3児死亡事故で懲役7年6月

昨日からニュースでやってますね。
この判決、おかしいです。飲酒運転で逃げ得です。
何のために作った危険運転致死傷罪なのか…逃げ道沢山有りすぎ。
飲酒運転で事故を起こし、救済もせずに逃げて大量に水を飲んでの隠蔽工作。悪質極まりないです。
なのに7年6月とは…。
業務上過失致死傷と危険運転致死傷の間が有りすぎ!
こんな事を言っては何ですが、これからの日本を担う子供を殺傷した場合の刑期を、ホフマン式やライプニッツ式のように算出するなんてどうでしょう?
ホフマンやライプニッツ式というのは、交通事故等による逸失利益計算で、将来生ずるであろう利益についての損害賠償を一時金の形で請求する際の額を算定する計算法です。
逸失利益と考えるのではなく、被害者のこれから生きると考えられる年数に応じて刑を与える…交通事故に限らずそういうのがいいんじゃないかと。
お年寄りの場合は少なく…となるといけないので、死亡時の下限を10年とか15年とかにして。
安易な考えかもしれませんが、少子高齢化社会、これくらい罪を重くしないと子供がますます減っていくよ。

では、飲酒運転事故の自動車保険の話。
一般的に自動車保険は使えないと思われますが、実は被害者を救済するために対人賠償保険と対物賠償保険の2つは使うことができます。
ただし、加害者の車両保険・自損事故保険・人身傷害保険・搭乗者傷害保険は免責で補償されません。
保険でいう免責とは「保険会社の責任を免除する」という意味で、保険金が支払われない場合に使います。

保険で被害者を救済できたとしても失った命は戻ってきません。
これからも起こりうる飲酒運転事故、だからこそもっと厳しい判決が欲しかった。。
車を運転される方、飲んだら絶対運転しない!子供でも分かる当たり前のことを徹底して欲しいです。

21日、業務上過失致死傷罪を適用して懲役7年6月とした8日の福岡地裁判決を不服とし、福岡地検は福岡高裁に控訴しました。
今有る法で裁かなければいけないとはいえ、あまりに悪質なこの事故を“脇見運転”で片付けるのはどうかと思っていた私としては、よく論議して頂きたいと思います。
過去の惨い事故やこれから起こりうる事故のためにも…。
宜しければポチッと♪→FC2 Blog Ranking
* Category : 巷のニュース話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する